小さな会社がインターネット集客をするべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社の経営者の中には、インターネット集客に消極的な方も少なくあり
ません。
会社のウェブサイトを作ってみたけど、なかなかうまくいかずに成果を出せない
まま放置されているケースも、よく見られます。

でも、小さな会社にこそインターネット集客をうまく活用して、業績アップに
繋げて欲しいのです。
そこで、今回は小さな会社がインターネット集客をするべき理由について書きます。

インターネット集客をするべき理由1:「プル型営業」ができる

営業のスタイルは、次の2つに大きく分けられます。

1. プッシュ型営業
テレアポやDM、飛び込み営業など、自分からお客さんにアプローチしていく
という営業スタイル。

2. プル型営業
お客さんの方から売り手にアプローチしてくるように仕向ける営業スタイル。

プッシュ型営業は能動的に動くのでコントロールし易いメリットがある反面、
テレアポ要員や営業人員が必要だったり、印刷・配送のコストがかかったり
するデメリットがあります。

一方、プル型営業は受け身になる反面、興味を持ったお客さんの方から来て
くれるので、各段に営業効率が良くなります。

インターネット集客をするべき理由2:24時間年中無休で営業できる

プル型営業は、インターネットを利用してしくみを作ってしまえば、24時間
365日に渡って文句も言わずに働き続けてくれます。
プッシュ型営業では、こんなことはムリですよね。
ムリにやろうとしたらブラック企業と言われてしまいます。

人員や資金に余裕のない小さな会社では、インターネットを使ったプル型営業は
大きな武器になるのです。

インターネット集客をするべき理由3:売上予測ができる

インターネット集客では大雑把に言って、ウェブサイトに見込み客を呼び込んで、
見込み客と関係性を構築して、それから購入に繋げるという流れになります。
これを続けていくと、ウェブサイトに訪れた見込み客がどれだけの割合で購入
してくれるのかが分かってくるようになります。

更に、購入してくれたお客さんがどれだけの割合でリピート購入してくれるのかも
把握できるようになります。

そうすると、ウェブサイトを訪れた人の数を把握すれば、近い将来の売上が
予測できるということになるのです。
インターネットでは、このようなデータを容易に取ることができます。

希望する売上から逆算して、そのためにはどれだけの見込み客の訪問が必要か
ということが分かるため、現状の実績と比較して対策が必要かどうかを判断
するのが容易になります。
これは経営の安定化のためには重要なことですよね。

以上、小さな会社がインターネット集客をするべき理由を3つ書きましたが、
正しいインターネット集客を行って、ぜひ業績アップに役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。


コメントを残す

*