組織のパフォーマンスを上げる簡素化のススメ

ビジネスがある程度大きくなってくると、自分以外のスタッフを抱えるようになります。
そうすると、自分だけでなくスタッフを含めた組織全体のパフォーマンスを上げると
いうことが必要になってくるわけです。

そうなったときに出てくるのが、マネジメントの問題。
典型的な悩みが、「スタッフが思うように動いてくれない」というものです。

社長のあなたから見れば、よほど優秀なスタッフでもない限り満足できる働きは
できないのではないでしょうか?

続きを読む

Twitterのフォロワーを買ってはいけない

立憲民主党のTwitterアカウントが、開設されて日も浅いというのにフォロワー数の

伸び方が異常だというのが話題になってますね。
半月足らずで自民党のフォロワー数を超え、あっという間に政党としては日本一を
誇るようになりました。

それを受けて、業者からフォロワーを買ったのではないか、という疑惑も浮かんで
いるようです。
その疑惑の真偽は定かではありませんが・・・

続きを読む

小さな会社がインターネット集客をするべき理由

小さな会社の経営者の中には、インターネット集客に消極的な方も少なくあり
ません。
会社のウェブサイトを作ってみたけど、なかなかうまくいかずに成果を出せない
まま放置されているケースも、よく見られます。

でも、小さな会社にこそインターネット集客をうまく活用して、業績アップに
繋げて欲しいのです。
そこで、今回は小さな会社がインターネット集客をするべき理由について書きます。

続きを読む

あなたのUSPを見つけよう

お客さんに商品を買ってもらうためには、お客さんが他の誰でもない「あなた
から」買うための理由が必要になります。
他で手に入れることのできない、あなたしか提供できない商品を扱っていると
いう場合は別ですが、おそらくあなたと同じような商品を扱う競合会社が存在
しますよね。

そんな環境の中で競合会社との価格競争を避けるためには、価格以外のあなた
独自のセールスポイントをアピールする必要があるのです。

続きを読む

顧客リサーチの落とし穴

商品を販売するうえで、お客さんを知ることの重要性については何度かここで
お話ししてきました。
お客さんを知るために小さな会社でも良く行われる手軽な方法のひとつとして、
お客さんにアンケートをとって直接回答してもらうことがあります。

あるいは、お客さんに口頭でヒアリングするというのも手軽で良く行われる
方法です。
いずれにしても、当のお客さんに直接聞くという方法ですね。

続きを読む

顧客階層の理解が集客につながる

「お客さんが集まらない。」
売上で悩む経営者の方は、このように考えがちです。
でも、そのときの「お客さん」とは、どのようなお客さんなのかをはっきりと
イメージできてないことが多いようです。

ひとくちに「お客さん」と言っても、初めてのお客さんもいれば過去に一度は
商品を買ったことのあるお客さんもいるわけです。
これらをすべてひとくくりにして集めようとしても、うまくいきません。

続きを読む

口コミサイトの悪評は無視して良い?

初めてのお店に行ったり何かを買ったりするときに、今や多くの人がインター
ネットで検索して調べます。
そのとき参考になるのが、口コミサイトの評判ですよね。

食事するお店を探すのに食べログなどを見たり、買い物する際にカカクコムで
調べたりした経験は、あなたにもあるのではないでしょうか。

続きを読む

お客さんが求めるものを提供すること

コナン・ドイルというイギリスの小説家をご存じでしょうか?
「名探偵シャーロック・ホームズ」の生みの親で、私もこのシリーズは子供の
頃に大好きでよく読んだものです。

そのコナン・ドイルですが、本当に書きたかったものは騎士道精神をテーマに
した歴史小説だったというのは、あまり知られていません。

続きを読む

Webサイトを持つことの意味とは?

企業のWebサイト開設率は、総務省による平成27年版の情報通信白書によると、
2005年時点で85%を超えています。
現在では、もっと増えているでしょう。

でも、小さな会社ではまだWebサイトを持ってないところも少なからずあり、
持っていたとしても、その情報が更新されないまま作りっぱなしになっている
ものも多いというのが現状です。

続きを読む