マーケティングの基本「3つのM」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなビジネスにも適用できる、繁盛するために必要なマーケティングの要素
として「3つのM」というものがあります。
それは、「マーケット」、「メッセージ」、「メディア」です。

これを提唱するのは、ダン・S・ケネディ。
米国のダイレクト・レスポンス・マーケティングの権威であり、フォーチュン
500社や名の通った大手企業をクライアントに持ち、その実績から「億万長者
メーカー」とも呼ばれています。

では、マーケティングに不可欠な「3つのM」とは、具体的にどんなもので
しょうか。

マーケティングの「3つのM」1:マーケット(Market)

「マーケット」というと、何か漠然とした人の集まりを想像してしまいがちです。
でも、ここでは、あなたのお客さんは「誰」なのか?ということです。

どんな人があなたの商品を必要としているのか、その人はどんな欲求を持って
いて、どんな日常生活を送り、どんな価値観を持っているのか。
そういった、具体的なお客さんの姿をイメージする必要があります。

マーケティングの「3つのM」2:メッセージ(Message)

お客さんにマッチした「メッセージ」です。
あなたが商品を売りたいお客さん像が具体的であればあるほど、そのお客さん
に響く強いメッセージを思い浮かべることができます。

また、連絡先を提供したりなどの反応を誘発するために、あなたがオファー
するモノもメッセージに含まれます。

オファーするモノとは、お客さんの連絡先などと引き換えにあなたが無料で
提供するものです。
それは、印刷物や情報やサービス、景品など何でも構いませんが、「誰」が
明確になっていれば、お客さんが欲しがるものも分かるはずです。

マーケティングの「3つのM」3:メディア(Media)

お客さんにメッセージを届けるための「メディア」です。
どんなにいいメッセージを作ったとしても、それがお客さんに届かなければ
意味がないですよね。

そのためには、あなたが想定するお客さんが、普段どんなメディアに接して
いるのかを把握しておく必要があります。
これも、「誰」が具体的になっていれば、それほど難しいことではありません。

これら3つの要素は、どれが欠けても機能しません。
3つすべてが正しく揃っていて、初めて効果を発揮するのです。

その意味で、どれも同じだけ重要で順番はつけられないとダン・S・ケネディは、
その著書の中で記載しています。

でも、最初に「誰」を想定しないと、響くメッセージをつくることも正しい
メディアを選ぶこともできません。
その意味で、私は「誰」を最初に持ってくるべきだと考えています。

あなたがもし、広告やチラシを出しても反応が得られないとお考えなら、
これら「3つのM」が正しく揃っているか、見直してみることをお薦めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売上アップ実践会のご案内





売上アップ実践会の内容

文字通り、個人事業主や経営者の方がコレを実践すれば、すぐに売上アップできますよ!
ということが学べる勉強会です。

しかも、ポイントは実践会であること。
ただ学ぶだけでなく、その場であなたのビジネスに合った方法を考えていきます。

この勉強会は、販売やマーケティングに苦手意識を持つ初心者の方にも参加してもらいたい!という思いからはじめています。
だからこの勉強会は、はじめての人でも気楽に参加できるように、『ちょっとだけゆるい感じ』にしています。

とは言え、この勉強会で学べることは、これまでに成果の上がった実績のあるノウハウをまとめたものです。

つまり、多数の実績ある売上アップのノウハウが学べるということです。

気楽に参加できるけれども、ちゃんと成果の上がる勉強会』になっています。

2018年12月のテーマは、

  • お客さんが欲しがる!魅力的なオファーを考えよう


です。

実践会で取り組んだことを持って帰ってもらえれば、すぐに売上アップを実現できるようになりますよ!

参加対象

スモールビジネスや店舗系ビジネスのオーナー様、中小企業の経営者の方などを対象にしています。
特に、技術・開発系から起業して販売やマーケティングに苦手意識のある経営者の方には、簡単でわかりやすい内容が好評です。

開催概要

定員は5名ほど、料金も参加しやすい3,500円(税込み)としています。

場所は、川崎市の溝の口駅近辺です。

勉強会の後には、近くで軽く懇親会も予定しています。

ぜひ、お気軽にご参加ください。

詳細・お申込みはこちら

SNSでもご購読できます。


コメントを残す

*