満足度を上げるための2つの方法

小さな会社にとって、商品をリピート購入してもらうことは重要です。
そのためには、商品を買ったお客さんに満足してもらわなければなりません。

以前、リピート購入につながる意外な方法ということで、お客さんが買う前に
抱く期待値を上げ過ぎないことが、満足してもらうことにつながるという話を
しました。

そのほかに、お客さんの満足度を上げるための方法を2つ紹介します。

続きを読む

ニーズよりウォンツが重要

ニーズとは「必要なもの」で、ウォンツとは「欲しいもの」です。
微妙な違いですが、この2つの違いを理解しておくことは、お客さんに対して
商品をアピールするうえでは重要なポイントとなります。

よく「お客さんのニーズに応えましょう。」などと言われることがありますが、
厳密に言えば、それはニーズではなくウォンツの意味で使われています。

続きを読む

忙しい社長のための生産性を上げる5つのコツ

会社の先頭に立って組織を引っ張っていく社長は、毎日がとても忙しく感じて
いると思います。
以前からやりたいと思っていたことも、日々の業務に忙殺されて、なかなか
手がつけられないなんてこともあるのではないでしょうか。

そんなあなたに、少しでも仕事が捗るように、生産性を上げるためのコツを
お伝えします。

続きを読む

マーケティングにおけるペルソナとは?

これまで何度か、あなたの商品を買ってくれるお客さん像を明確にしておく
ことが商品を販売するうえで重要だという話をしてきました。
お客さん像を明確にすることによって、より効果的なメッセージを作ることが
でき、そのメッセージを届けるために適切なメディアを選ぶことができるから
です。

このお客さん像のことを、ペルソナと言います。
ペルソナとは、もともと古典劇で役者が用いた「仮面」のことを言いますが、
心理学者のユングが人間の外的側面の概念をペルソナと呼んだのです。

続きを読む

説得のための6つの「影響力の手がかり」とは?

人に働きかけて行動を促すことは、ビジネスの本質と言えます。
ですので、人に対する影響力を大きくすることが、ビジネス成功へのキーポイント
とも言えるのです。

米国の社会心理学者であり、「影響力の武器」の著者としても有名なロバート・
チャルディーニが提唱する6つの「影響力の手がかり」について、ご紹介します。
慎重な検討が不要で、簡単に判断できるような場面で特に高い効果がありますが、
あなたのビジネスでも参考になるのではないでしょうか。

続きを読む

顧客志向の罠

近年、ビジネスにおいては顧客志向が大事だと良く言われています。
かつての「作れば売れた」という時代から、モノが豊富になり選択肢が増えた
現在では、お客さんの見る目も厳しくなっています。

そのため、お客さんの要望をしっかり把握して、それに応えることがお客さんに
選ばれるためのポイントと言われるようになりました。
でも、顧客志向には大きな罠があるのです。

続きを読む

マーケティングの基本「3つのM」

どんなビジネスにも適用できる、繁盛するために必要なマーケティングの要素
として「3つのM」というものがあります。
それは、「マーケット」、「メッセージ」、「メディア」です。

これを提唱するのは、ダン・S・ケネディ。
米国のダイレクト・レスポンス・マーケティングの権威であり、フォーチュン
500社や名の通った大手企業をクライアントに持ち、その実績から「億万長者
メーカー」とも呼ばれています。

では、マーケティングに不可欠な「3つのM」とは、具体的にどんなもので
しょうか。

続きを読む

広告で成約率を上げる3つの質問

人がモノを買うかどうかの一番の拠りどころは、「欲しい!」という感情が
揺さぶられるかどうかです。
そのため、広告で商品をアピールする際のポイントは、お客さんの感情に訴え
て、「欲しい!」と思わせるということになります。

でも、たとえお客さんの中に「欲しい!」という欲求が芽生えたとしても、
それだけで十分とは言えません。
お客さんは、その買い物を正当化するために、理屈をつけて納得する必要が
あるからです。

続きを読む

リピート購入につながる意外な方法

継続して売上を上げ続けるためには、商品を繰り返し買ってくれるリピート客
を増やすことが近道となります。
商品を一度でも買ってくれたお客さんは、新規客よりも買ってくれる確率が
高いからです。

そのうえ、何度もリピート購入してもらえるようになれば、その人が商品の
ファンになって、口コミなどであなたの商品を他の人にも薦めてくれるかも
知れません。
そのようなファン顧客は、ビジネスにおいて最大の資産と言えます。

続きを読む

戦略と戦術の違いを知る重要性

会社経営において、普段何気なく使われることが多い戦略と戦術という用語。
その違いを理解しておくことは、ビジネスを行ううえでは重要です。

でも、多くの人が戦略だと考えているものが、実は戦術のことだったりするの
です。
このような誤解を生む原因のひとつは、テレビの影響があるのかも知れません。

続きを読む