「松竹梅」の売上アップ効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うなぎ屋さんなどでよく「松・竹・梅」という3段階のグレードに分けられて
いるのを見たことありますよね。
あなたなら、そのうちのどれを選びますか?

商品の価格帯にもよりますが、一般的には真ん中の竹を選ぶ人が最も多いと
言われます。
人はランク付けされた3つの選択肢を提示されると、最も無難な真ん中を選ぶ
という傾向があるからです。

そして、一定割合で必ず最上位のものを選ぶという人もいます。
その割合は、上位のものから順に、おおよそ 2:5:3 または 3:5:2
くらいと言われてます。

松竹梅の売上アップ効果1:購入単価アップ

これを利用して、お客さんの購入単価を上げることができます。
もともと1つの商品に複数のグレードを設けて、最も買ってもらいたいものを
「竹」のグレードにするわけです。

例えば、すでに1,000円の商品があったとします。
その商品に付加価値を付けた高級版を新たに追加して、これを「松」として
1,800円くらいに設定します。

それと同時に廉価版を用意して、これを「梅」として700円くらいとするの
です。
もともとの1,000円の商品を「竹」に位置づければ、松竹梅の完成です。

これが仮に 2:5:3 の割合で売れるとすれば、平均単価は1,070円と
いうことになり、70円の単価アップができます。

また、仮にもともとの商品を1,200円に値上げする場合にも、松竹梅の3つに
グレードを増やすことで、お客さんに与える値上げのインパクトを軽減する
ことができます。

単純に1,000円の商品を1,200円に値上げするよりも、1つしかなかった商品を
3種類に増やして「竹」を1,200円にした方が、値上げ感が減りますよね。
こうやって購入単価を上げることができるのです。

松竹梅の売上アップ効果2:成約率アップ

商品が1種類だけの場合は、お客さんにとってそれを「買う/買わない」という
選択になります。

それに対して複数のグレードを用意した場合、話のもっていき方によっては、
「どれを買うか」という選択にすることができます。
もちろん、どれも買わないという選択もあり得ますが、2つのうちの1つより、
ほかにいくつもあるうちの1つの方が「買わない」選択をしにくくなります。

これは、セールス段階で成約率を上げるためのテクニックのひとつですが、
選択してもらう商品がなければ、それを使う機会もありません。

このように、「松竹梅」は売上アップのための有効な手段となりますので、
ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売上アップ実践会のご案内


売上アップ実践会の内容

文字通り、個人事業主や経営者の方がコレを実践すれば、すぐに売上アップできますよ!
ということが学べる勉強会です。

しかも、ポイントは実践会であること。
ただ学ぶだけでなく、その場であなたのビジネスに合った方法を考えていきます。

この勉強会は、販売やマーケティングに苦手意識を持つ初心者の方にも参加してもらいたい!という思いからはじめています。
だからこの勉強会は、はじめての人でも気楽に参加できるように、『ちょっとだけゆるい感じ』にしています。

とは言え、この勉強会で学べることは、これまでに成果の上がった実績のあるノウハウをまとめたものです。

つまり、多数の実績ある売上アップのノウハウが学べるということです。

気楽に参加できるけれども、ちゃんと成果の上がる勉強会』になっています。

2018年9月は、株式会社あしたのチーム とタイアップ!
以下の2つのテーマで実施します。

  • 高単価でも売れる!商品価値の上げ方



  • 人事評価制度7つの新常識!


実践会で取り組んだことを持って帰ってもらえれば、すぐに売上アップを実現できるようになりますよ!

参加対象

スモールビジネスや店舗系ビジネスのオーナー様、中小企業の経営者の方などを対象にしています。
特に、技術・開発系から起業して販売やマーケティングに苦手意識のある経営者の方には、簡単でわかりやすい内容が好評です。

開催概要

定員は10名ほど、料金も参加しやすい3,500円(税込み)としています。
しかも、8月中のお申し込みなら早期割引で3,000円です。

場所は、川崎市の溝の口駅近辺です。

勉強会の後には、近くで軽く懇親会も予定しています。

ぜひ、お気軽にご参加ください。

お申込みはこちら

SNSでもご購読できます。


コメントを残す

*